ETFについてわかりやすく解説

会社概要お問い合わせ

@ETF初心者ガイド >1万円以下でも買える!

1万円以下でも買える!

ETFは、銘柄によって1口、10口、100口、、、といったように、売買単位が決まっています。以前は10万円以上ないと買えない銘柄がほとんどでしたが、現在は1万円前後で買える銘柄が増えています。

「TOPIX連動型上場投資信託」の場合、2009年1月15日時点で812円、売買単位10口なので、最低購入金額は8120円ということになります。(別途、証券会社ごとに決められた手数料がかかります。)


●1万円以下で買えるおすすめETF商品(2009年1月17日現在)
取り扱い銘柄 対象指数 銘柄(管理会社) 現在値 売買単位 価格
国内ETF 東証株価指数 TOPIX連動型上場投資信託(野村アセット) 836 10 8,360
規模別株価指数 トピックス・コア30上場投信(三菱UFJ) 496 10 4,960
金地金価格 SPDRゴールド・シェア(WGTS) 7020 1 7020
東証REIT指数 東証REIT指数連動型(野村アセット) 850 10 8500
商品指数 イージーETF S&P GSCI商品指数クラスA(アクサ) 3280 1 3280

海外ETFはどうなのでしょうか?
米国証券取引所に上場している銘柄は、取扱い証券会社によって最低購入単位が決まっています。例えばSBI証券は10口以上1口単位、楽天証券は10口単位、マネックス証券は1口単位です。
香港証券取引所に上場している銘柄は、取引所が独自に決めた売買口数となっています。
海外ETFは外貨での取引となるため、売買委託手数料の他に、円を外貨に両替するための為替手数料もかかります。また、外国証券用の口座管理料がかかる証券会社もあります。

STEP1 ETFってなに?

1.
株式、投資信託との違い
2.
実際に購入するには?

STEP2 どの商品を選んだらいいの?

3.
おすすめの商品タイプ
4.
1万円以下でも買える!

STEP3 どうやって買うの?

5.
初心者向け証券会社
6.
お得なキャンペーン情報

証券会社ランキング

順位 会社名 資料請求・口座開設
1位
第1位
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)
業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手です。
資料請求・口座開設
詳細を見る
第2位 楽天証券
ETFの取り扱い銘柄数がネット証券の中で 1番なのが楽天証券です。
資料請求・口座開設
詳細を見る
第3位 カブトドットコム証券
他のオンライン証券には無い多様な「注文機能」、チャンスを逃さずキャッチするための「リアルタイム情報」や「通知サービス」、 そしてリーズナブルでリスク管理に優れた「手数料体系」等の様々なサービスを提供しています。
資料請求・口座開設
詳細を見る

TOPページへ