ETFについてわかりやすく解説

会社概要お問い合わせ

@ETF初心者ガイド > ETF、株式、投資信託の違いは?

ETF、株式、投資信託の違いは?

ETFは証券会社の専門家(ファンドマネージャー)に運用をお願いするという点では投資信託と同じものといえます。

しかし投資信託と違い、ETFは取引所に上場しているため、株式と同じようにリアルタイムで変化する価格をみて指値注文・成行注文ができるのです。

手数料も株式と同じくリーズナブルで、信用取引ができる点も同様です。
これら3つの投資方法の違いを、下記にまとめてみました。

  株式 ETF 投資信託
購入場所 全国の証券会社で全銘柄の購入が可能 取扱いのある証券会社が限定されている
購入価格・売却価格 自分で指定できる 指定ができない
銘柄名・価格の確認 一般紙の株式相場欄で毎日確認できる
(テレビニュース等で確認できる銘柄もある)
専門誌を参照、または取扱い証券会社に確認
信託報酬 なし あり(ただし、ETFの信託報酬は投資信託よりも安い)
リスク 個別銘柄にかかわるリスクがある 多数の銘柄に投資することになるので、リスクが分散される

STEP1 ETFってなに?

1.
株式、投資信託との違い
2.
実際に購入するには?

STEP2 どの商品を選んだらいいの?

3.
おすすめの商品タイプ
4.
1万円以下でも買える!

STEP3 どうやって買うの?

5.
初心者向け証券会社
6.
お得なキャンペーン情報

証券会社ランキング

順位 会社名 資料請求・口座開設
1位
第1位
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)
業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手です。
資料請求・口座開設
詳細を見る
第2位 楽天証券
ETFの取り扱い銘柄数がネット証券の中で 1番なのが楽天証券です。
資料請求・口座開設
詳細を見る
第3位 カブトドットコム証券
他のオンライン証券には無い多様な「注文機能」、チャンスを逃さずキャッチするための「リアルタイム情報」や「通知サービス」、 そしてリーズナブルでリスク管理に優れた「手数料体系」等の様々なサービスを提供しています。
資料請求・口座開設
詳細を見る

TOPページへ