主な海外ETF - ETF初心者ガイド

会社概要お問い合わせ

ETF初心者ガイド > 主な海外ETF

主な海外ETF

DIA

DIAとは、「ダイヤモンズトラストシリーズ1」と呼ばれる銘柄で、アメリカン証券取引所(AMEX)に上場されている「ニューヨークダウ工業株30種採用銘柄」の株価指数と連動しているアメリカのETFです。
ニュースの株式情報のコーナーで「ダウ平均」「NYダウ」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ニューヨークダウ工業株はアメリカで、というよりも各業界で世界を代表するトップ企業である30社の株価指数の動向をつかめるように構成されたものです。
30社の中に名を連ねる企業を挙げてみると、アメリカン・エクスプレス・インク、ゼネラル・モータース、ヒューレット・パッカード、インテル、コカコーラ、エクソン・モービル等まさにトップカンパニーばかりです。

指数を構成する企業はずっと同じではなく、一定の周期で見直され、組み換えされるようになっています。
ニューヨークダウ工業株の銘柄の構成を決定するのは「ウォールストリートジャーナル」の編集スタッフです。
ウォールストリートジャーナルはアメリカで発行されている経済新聞で、この新聞を発行している出版社であるダウ・ジョーンズ社がニューヨークダウ工業株の30社を選定し、株価平均を算出しています。

TOPページへ

SPY

SPYは「スパイダーストラストシリーズ1(またはSPDRトラストシリーズ1)」と呼ばれる銘柄で、DIAと同様にアメリカン証券取引所上場(AMEX)に上場されているS&P500指数と連動しているアメリカのETFです。

S&P500指数は、アメリカにおいて民間運営の債券各付機関の有力企業とされるスタンダードアンドプアーズ社が算定、提供している株価指数で、アメリカの株価指数の中でも代表的なものです。

S&P500指数は、アメリカン証券取引所(AMEX)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NASDAQ登録の中から、時価総額が大きく、なおかつ流動性の高い500の銘柄で構成されています。
幅広い産業分類に分散投資される株価指数となる為、様々な投資信託の資産運用の投資成果を計る際に、このS&P500指数は市場の平均値を示す指標として多く用いられています。

SPYの他にS&P500指数に連動するETFとしては、ニューヨーク証券取引所に上場されている「iシェアーズS&P500インデックス・ファンド」が挙げられます。

TOPページへ

EEM

EEMは「I SHARES MSCI Emerging Market Index Fund」と呼ばれる銘柄で、近年成長率の高さを見込まれて注目が集まる新興国ETFのうちのひとつです。
EEMは、アメリカのNYSEアーカ取引所に上場され、売買取引が行われているETFで、25カ国もの新興国に分散投資し、リスクの低い投資を実践することを目的としています。

EEMが連動する株価指数は、「MSCI Emerging market index」です。 この指数は、世界中で使用されている株価指数を算出しているアメリカのモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が作成しています。
「エマージング諸国」と呼ばれる今後急成長すると見込まれる国や地域の株式市場の銘柄でEEMが構成されています。

新興国のETFは、世界を騒がせたサブ・プライム問題にも大きな影響を受けなかったことで益々注目を集め、今後の動向に世界中の投資家が目を向けています。

TOPページへ

次のページ>> ETFの上場基準